夜間頻尿の原因となる病気をピックアップ!あなたの原因はどれ?

原因は?

夜間頻尿の症状が起こるのは、何かしらの原因があります。
夜間頻尿の原因となる病気をここでピックアップしたいと思いますので、
自分がどの原因であるかを見つける参考にしてください。

夜間頻尿の原因となる病気とは・・!?男女で分けて考えよう!

夜間頻尿の原因となる病気は、男性と女性とでは少し違います。
これから男性、女性、それぞれ分けて理解していきましょう。

 男性の場合

 過活動膀胱

膀胱が必要以上に働いてしまう過活動膀胱は、
夜間頻尿だけでなく急におしっこがしなくなる尿意切迫感や、
トイレまで我慢できずに漏らしてしまう
切迫性尿失禁などの症状が見られます。
排尿筋が過剰に収縮してしまうので、
トイレに行っても出る尿の量は少なく、
さらにトイレの回数が増えたり、
急に強い尿意を感じるなどのトラブルが頻繁に起こります。

 

 前立腺肥大症

前立腺肥大症は60代の日本人男性の二人に一人は認められる病気で、
男性ホルモンによる影響で肥大化すると言われています。
男性特有の臓器である前立腺が肥大化すると尿道が圧迫されて、
排尿トラブルを起こします。
過活動膀胱と前立腺肥大症を併発し、
夜間頻尿になっている方も多いようです。

 

 女性の場合

 過活動膀胱

基本的には男性と同じ症状ですが、
女性が過活動膀胱になった場合、
男性よりも尿道が短いために尿漏れを起こしやすい傾向にあります。

 

 骨盤底筋のゆるみ

妊娠や出産、加齢や運動不足などで骨盤底筋が衰えます。
出産後に尿漏れに悩む人が多いのはこのためです。
膀胱や尿道、子宮などを支える筋肉である骨盤底筋は、
健康な状態であれば、
お腹に力が入ってもすぐに尿道口を締めることができるのですが、
骨盤底筋がゆるむとふとした時にしっかり締めることができないので、
尿漏れの原因となります。

ついでに学んでおきたい頻尿のこと

コメントを残す